代表者紹介

代表 税理士 田島年男 
「企業は、99パーセント経営者で決まる」と言われることがあります。それは経営(特に中小企業の経営)は「経営者の意思」によりいかようにもなるということです。

現在のように目まぐるしく経営環境が変化している中ではその意思決定も大変な事だと思います。

私たちは中小企業経営者に対して主に税務会計の面からサポートし、共に企業の成長発展・安定に貢献していきたいと考えております。
tajima0002
代表 税理士 橋本 秀明 
利益は、結果として出るものではなく、自ら戦略的に獲得するものであると言われます。

継続的な黒字経営は経営者なら誰もが望むことです。そして手もとに キャッシュが残ることが大切です。これは節税対策にも言えます。不用意な税金対策により資金繰りを悪化させてしまったのでは意味がありません。

私たちは会計と税金の専門家の立場からお客様企業の黒字経営をサポートします。
hashimoto0001

代表のお二人にお尋ねします

Q1.税理士の仕事はどんなお仕事だと思いますか?
田島 経理・会計を通じて経営のサポートをすると同時に、経営者に元気を与えることだと思います。
橋本 税の専門家ではありますが、同時に納税者の最も身近なパートナーでありたいですね。
Q2.税理士をしていて良かったと思うのはどんな時ですか?
田島 やはり、お客様に「ありがとう」とか「頼んで良かったよ」と言われた時、この仕事をやって良かったと思います。
橋本 お客様から感謝の言葉をいただいた時はやはりうれしいですね。
Q3.どんな税理士になりたいですか?
田島 税務に限らず、お客様の経営全般をフォローでき、会社の成長発展に貢献できる存在でありたいです。
橋本 かかりつけ医のような存在でしょうか。困ってからでなく、困る前に気づいてあげるようになりたいです。
Q4.お客様にとって、税理士法人ウィズはどんな会計事務所でありたいですか?
田島 「あそこにまかせておけば大丈夫」と言われる、安心感を与えられる事務所・困ったことがあれば何でも相談できる税理士事務所。
橋本 常にお客様にとって有益かどうかで判断し、行動できる集団でありたいです。
Q5.得意分野は何ですか?
田島 法人決算・申告は得意ですね(笑)。お任せ下さい。
橋本 飲食業のサポートが得意で、飲食業の方向けのセミナーも、年に何回か実施しております。また、金融機関・保険会社ともネットワークを組んで動いていますね。
Q6.お客様と接する際に気を付けていることは何ですか?
田島 専門的な言葉をつかわず、分かりやすく説明すること。他には、明るく前向き、スピード感を持って仕事をすることですね。
橋本 とにかく、お客様の話をよく聞き、お客様が何を求めているのかを正しく把握し、それに的確に対応すること。それと、身だしなみは基本です。
Q7.今一番興味のあることは何ですか?
田島 お客様の業績向上(元気を出していただく)のために何ができるのか、それにつきます。
橋本 我々の仕事の質を向上させること、その結果、お客様のお役に立ち、高い評価をいただくことです。

今すぐお電話またはメールでお問い合わせください